脊柱管狭窄症

このような症状はありませんか?

  • 5分も歩いていないのに休みたくなる。休むとすぐに歩ける

  • 朝より夕方に両足が辛い、重い

  • 腰より両脚にしびれがある

  • 足裏に砂利を踏んでいるような感じ、フワフワしたような違和感がある

その辛い脊柱管狭窄症を当院にお任せください!

脊柱管狭窄症とは一体どのような病気なの?

背骨の中に脊柱管という骨のトンネルがあります。そのトンネルの中にはたくさんの神経が通っています。
脊柱管狭窄症はそのトンネルが狭くなる状態です。想像してみてください。たくさんの神経が通っているトンネルが狭くなったら
そうです。神経が圧迫されます。
圧迫された場所が頸椎なら両手両足に、腰なら足に痛み痺れが出ます。腰の場合、足裏がふわふわするや砂利を踏んでいるような感じとおっしゃる方もいます。
さらに神経症状が進むと排尿障害といってトイレコントロールが出来なくなってしまい、最後には寝たきりになります。腰の症状の最終段階とも言えるでしょう。

なぜ、脊柱管が狭くなるの?

人によって背骨の変形・靭帯(スジ)が厚くなるなど原因はいろいろとありますが、大体の方は歩く姿勢(そる姿勢)などで脊柱管がもっと圧迫される事がわかりました。
つまり、身体の後屈
(そる姿勢)が脊柱管を狭くさせて、神経を圧迫して両足にしびれや痛みが出ます。
それによって
5分も歩かないうちにすぐに休みたくなる。そして休むと腰が丸くなり脊柱管が広がるのですぐにまた歩けるようになります。
これを間欠性跛行と言います。このような間欠性跛行を繰り返す日常生活になると脊柱管狭窄症だけではなく椎間板ヘルニアの症状も合併する事もあります。
最近は両方の症状が合併するケースが多くなっています。

当院はまず、全身の筋肉の一番緩む角度から筋膜のリリース・脊柱の矯正・脊柱管狭窄症用の仙腸関節の矯正などで筋肉と関節の間で圧迫された神経と血管をスムーズにながれるようにアプローチします。
血液循環と神経の伝達が順調に行われると新陳代謝があがり、自律神経も調整されるので、次第に痛みとしびれの症状は緩和されていきます。

脊柱管狭窄症は日常生活の中で良い姿勢を保つ事がとても大事です。
その為に、脊柱管狭窄症用のセルフケアも施術後にしっかりご案内させていただきます。

あなたは一人ではありません!
今後、あなたは脊柱管狭窄症に悩まないで楽しい日々を過ごす事が可能になります‼️

腰が辛い方にはこんなストレッチがオススメです

枕なし仰向けで両膝を立てる

両膝を左右に10回倒す

仙腸関節のストレッチボール1分〜3分

朝と夜2回毎日続けると腰の症状が楽になります。

当院は脊柱管狭窄症の改善に強い矯正専門の腰痛院です!

いろいろな治療を試したが、改善が診られなかったあなた、今すぐにお電話ください!

電話:03-5939-6377
メールフォーム:https://ah-bikyousei.com/contact.html

腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症専門の当院で諦めていた痛みを根本改善しませんか?

1日1名様限定!

初回特別価格 3,980

2回目も 4,980

「LINE@」でもご予約ができるようになりました!

友だち追加をして予約する友だち追加をして予約する

東京都北区東十条5-2-9
(JR東十条駅より徒歩3分)

03-5939-6377

電話をする